2012年04月03日

カナダ・バンクーバーのOさん

ひとつ前の記事でもご紹介した、我謝京子監督の映画「3.11 ここに生きる」。
カナダ・バンクーバーでも上映会が行われました。企画されたOさんからメールをいただきましたのでご紹介します。ありがとうございました。

---------------------------------------------------------------
先日バンクーバーでの上映会&ぞうの販売無事終了しました。
はるばるバンクーバーにやってきたゾウたち、あっとゆう間に完売でした!
ゾウがどの子もとてもかわいいから、みんな目をキラキラさせながら、ゾウを選んでらっしゃいました。
郵送料をいれて、カナダドルになおすと$7.50くらいになったので、$7で販売しました。
ゾウさんの出身地と$7の行き先を英語で日本語のラベルの横に貼りました。写真添付しますね。

本当にいろいろお世話になりありがとうございました。今度帰省する際にまたお世話になると思います。

20120311バンクーバー.JPG
-------------------------------------------------------------------------
「私を引き取ってくれてありがとう。岩手県釜石市から来ました」とかわいいフレーズが。
海外発送の場合は買い手さんに送料実費をご負担いただいていますが、やはり金額が大きくなります。ですので、バザーなどではもとの値段についてご説明いただいた上で、一つひとつの購入者さんにも送料を上乗せして分担してもらうなど、工夫していただいています。この写真では、「うち1.8ドルが、私の日本からカナダへの旅費です」となっていますね^^
posted by まけないぞう at 16:13| ともだち紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリの「千里の道」さん

パリで東日本大震災の被災者支援の情報発信サイトを運営している「千里の道」さんが、3月11日にパリでチャリティイベントを開催されました。
☆千里の道 http://www.senrinomichi.com/?lang=ja

イベントの中で、映画監督・我謝京子さんが女性たちの復興を取り上げた「3.11 ここに生きる」が上映されました。この映画には、「まけないぞう」も取り上げられていることから、「千里の道」さんはまけないぞうを販売して下さいました。映画を見られた方は、きっといっそう作り手さんのことに思いを馳せていただけたと思います。どうもありがとうございました。ご報告のメールをいただきましたので、抜粋してご紹介します。

----------------------------------------------------------------------------
11日はまず午前中からナンテール市所有の集会所で、その後午後4時からの我謝京子監督の「3・11ここに生きる」の上映後は映画館のロビーに場所を移しましてまけないぞうを販売いたしました。上映後は映画の中で紹介されていたのですごい売れ行きでした。やはり映画の中で作るプロセスが丁寧に説明されているため、わかりやすかったんでしょう、自宅用以外に友人などにプレゼントするために複数買っていかれる方も多かったです。

また前日10日にもパリのマレ地区で小規模なチャリティーイベントに参加してここでもまけないぞうを紹介させていただきました。フランス、特にパリでは最近のアニメ文化の浸透で日本のことをよく知ってる方が多いのですが、女性、特に若い女性のお客様がかわいいですねと言って買っていかれました。

IMG_9102.jpg

IMG_9104.jpg

IMG_9147.jpg
-----------------------------------------------------------------
ありがとうございます。
ちなみにまけないぞうの応援団「makenaizone」でも、我謝京子監督自身が、各国での上映会の模様をレポートされています。ぜひご覧下さい。→http://www.makenaizone.jp/?p=5042

posted by まけないぞう at 14:23| メディア掲載・放映 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

LEGEND of VERDIさん

今回のご紹介は、合唱団LEGEND of VERDIさん(3.11東日本大震災追悼ウィーン公演実行委員会さん)です。

3月11日に、オーストリア・ウィーン楽友協会にて、ジュゼッペ・ヴェルディ作曲の『レクイエム』を歌われました。音楽監督・金井敬さんの指揮で、首都圏を中心に活動中のいくつかのアマチュア合唱団・川崎やよいさん他プロのソリスト・現地オーケストラ・現地合唱団との共演による単独公演として実施されたそうです。

共演された現地オーケストラ・現地合唱団の皆様へのプレゼントとして「まけないぞう」を持っていって下さり、メッセージを届けて下さいました。
☆公式サイト http://legendofverdi.jimdo.com/

メンバーのHさんから心温まるメールをいただきましたので、許可をいただき抜粋してご紹介します。合唱団の皆様、本当にありがとうございます。

-----------------------------------------------
3月11日無事、オーストリア・ウイーンの楽友協会に於いて、レジェンド・オブ・ヴェルデイ合唱団の皆とオーストリアの方々と共に、お蔭さまで感動的なヴェルデイ・レクイエムを歌って参りました。
(中略)

ウイーン郊外のドンボスコホールという所で71名のオケ、44名の現地合唱団(楽友協会合唱団のメンバー:とても由緒ある合唱団の皆様と結果的に共演させて頂きました。本当に有難い事でした)実際には「まけないぞう」は現地持参にあたり、120個全てに英語版の説明書をコピーし、またドイツ語のメッセージカードも作り、&日本柄の折り紙でせっかくなので鶴を折り、全ての袋に封入しました。(セロテープをそおっとはがすのが大変でしたがやってみたら意外とうまくいきました!)御土産持参にあたり、「まけないぞう」さんも、ちょっとオーストリアバージョンに御化粧して行った感じです(^−^)

20120311ウィーンコンサート.jpg

ドイツ語メッセージはネットの自動翻訳機能でなんとか作成しました。
一応メッセージとしては、

Danke schon.
Danke fur Ihre viel Hilfe.
Danke fur Ihre warme Liebe.
Trauer und Wiederbelebung.
Wir singen Requiem mit allem Gebet.

       LEGEND of VERDI

と入れました。自動翻訳の和訳としては、

あなたの多くの援助をありがとう。 
あなたの暖かい愛をありがとう。
追悼(哀悼)と復興(リバイバル)。
私達はすべての祈りを込めて(全ての祈りで)レクイエムを歌います。
 レジェンド オブ ヴェルデイ(伝説のヴェルデイ合唱団の意の合唱団名)

です。現地入りしてから現地の方との合わせは前日のオケ合わせ1回のみと、あとは本番当日の本番会場でのリハーサルと本番のみ、というスケジュールでしたので、その中でなんとか「まけないぞう」さんに私達の願いをこめ、今回の演奏会をよりウイーンの方達と気持もひとつに本番を歌えるように、とメッセージは考え1個1個にカードを入れさせて頂きました。

20120311ウィーンコンサート2.jpg

今回の私達のツアーにあたり、日本から参加する皆で考えた意義は、
「震災で被災された方々への追悼」
「被災地復興への願い」
「震災直後から世界から寄せられた支援への感謝」
でした。

レクイエムに想いを込めて歌う事、と「まけないぞう」の御土産にも願いを込めお渡ししてくる事で、恐らくその3つを自分達なりに精一杯、伝えて表明してくる事ができたのかな、と、何より素晴らしい本番になり、会場満席の御客様の温かい反応も感じながら本番を歌う事ができた事に感激しました。
-----------------------------------------------

歌声に想いを乗せて、人と人とがつながれることは素晴らしいですね!
そんな貴重な機会に「まけないぞう」でメッセージを運んで下さったことを嬉しく思います。

posted by まけないぞう at 12:41| ともだち紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

震災復興応援イベント『3.11 from Kansai』の『東北てしごとマルシェ』にて

先日より、3月11日関連の行事でまけないぞうを販売して下さった方からのご報告が続いています。

今回は、『3.11 from Kansai』というイベント開催にあたられたTさんからのメールをご紹介します。タオルも集めて下さいました!Tさん、スタッフの皆様、そして当日まけないぞうを買って下さった皆様、ご協力ありがとうございます^^

--------------------------------------
発災から1年を迎える3/10と11、関西での震災復興応援イベント『3.11 from Kansai』にて、まけないぞうを含む被災地手作りグッズを販売いたしました。

『東北てしごとマルシェ』の名のもとに、岩手県のボランティアセンター『遠野まごころネット』で活動を経験した関西のメンバーと、被災地を支援する団体(Eastloop、SAORI)で恊働しました。積水ハウスさまをはじめ、関西の多数の協賛企業や協力団体のおかげで、無償でブースを出店することも出来、また、タオル募集も事前に宣伝いただいたことにより、イベント当日には、ダンボールにして5箱分を、さまざまな方々からご提供いただきました。

物販ブースは、販売だけを目的とするのではなく、まけないぞう等の生まれた背景、被災地の状況、作り手さんの置かれている環境を説明する資料も準備し、何度か被災地に出向いたメンバーで説明いたしました。

販売も好調で、70個のまけないぞうを販売することが出来ました。また、私の勤めるダイハツ工業の職制会総会のビンゴゲームの景品としても使用し、合計で100名の方に「まけないぞう」をお渡しいたしました。 今回、多くの方に「まけないぞう」をお渡しできたことに大変喜びを感じております。まけないぞうの活動がより多くの方に知れ渡り、活動が更に盛り上がればいいなと思います。 イベントでの販売の様子を、下記urlで公開しておりますので、ご紹介させていただきます。
http://www.youtube.com/watch?v=wi4JFWlz440&feature=youtu.be

今後、被災地NGO恊働センターさまが、ますます発展されますこと、お祈り申し上げます。



posted by まけないぞう at 10:15| ともだち紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

NECソフトさん

東京のNECソフトさんが、3月12日(月)、13日(火)に行われた社員さん向けの被災地支援販売会で、まけないぞうを販売してくれました!NECソフト本社ビル(12日)と新木場センタービル(13日)の2ヶ所で、50頭のぞうさんを皆さんのおうちに連れて帰っていただきました^^

NECグループさんは、タオルを送って下さったり、グループ全国各社の社員さんから個別に注文をいただいたりと、応援して下さっています。いつもありがとうございます。

ご担当の方からのメッセージを紹介させていただきます。

----------------------------------------------------------------------
NECソフト株式会社は、東日本大震災から1年の節目を迎えた2012年3月12日、13日に「被災地を忘れない。被災地を応援する。」をテーマに被災地支援販売会を実施しました。

当日は、被災地NGO恊働センターとRQ被災地女性センターよりご提供いただいた東日本大震災の被災者の方が作成した製品を社員向けに販売しました。昼休みや定時後の限られた時間でしたが、すべての製品は飛ぶように売れ、2日間で完売しました。

被災地の方々がタオルをアレンジしてひとつひとつ手作りした「まけないぞう」を以前購入した社員が「うちの子どもがぞうさんがいるからと手をよく洗うようになりました」とうれしい感想を寄せ、再度購入してくれました。3月14日のホワイトデーも近かったためそのお返しとして購入される方が多くいました。

また、被災地支援販売会と同時に、河北新報の3.11の震災直後の写真やNECグループで実施している被災地支援プロジェクトの「NEC"TOMONI"プロジェクト」の被災地復興ボランティアの様子の写真を展示しました。購入者は被災状況の写真を見て、さらに被災地への復興への思いを抱いていただいたようです。

0312NECソフト様販売会.jpg

-------------------------------------------------------------

子どもさんの手洗いが身につくとは驚きの効果も!作り手さんも喜んでくれると思います。
皆様のご協力ありがとうございます。

posted by まけないぞう at 12:29| ともだち紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。